画像画像






















   日本各地にいる植物仲間から、春の花の開花状況が頻繁に届くようになった。

   まだ深い雪に閉ざされている地域もあるが、各地で色々な花が咲きだしている。

   春を告げるヤブツバキやセツブンソウなどは、すでに私も見ているし撮影もしている。

   沖縄のさらに先の南西諸島などはすでに初夏で、新緑のまぶしい季節になっている。

   1月に訪れた石垣島では、すでに夏の花ともいえるグンバイヒルガオが満開だった。


   
画像



   南北に長い日本列島は、なんとも植物相が豊かで、四季折々に様々な花々を楽しめる。

   ここ数日、当地でも暖かな日が続いている。

   近くの梅林も今年は例年より花期がやや早い。

   そんなある日、嬉しいお届け物があった。

   友人の植物写真家、木原 浩氏の最新作 『野の花づくし』 である。


   
画像



   植物好きであるならば、彼の図鑑や写真集をお持ちの人も多いことだろう。

   最新作の『野の花づくし』は、そんな彼が、過去に新聞や雑誌に連載したものなどをまとめたもので

   あまりエッセイなどを書かない彼が、1種類ずつにそれぞれの思い出などを綴ったものである。

   素晴らしい写真は、多くの人が見て知っていると思うが、写真に対する思いや、

   植物に対する思いなどは、なかなか伺い知ることはできない。

   本書は、そう言った意味からも、是非とも多くの人に読んで欲しい本である。


   
画像



   逆光に輝く見事なネコヤナギの群落の写真からページははじまる。

   早春に咲く花から、晩春に咲く花へとページは進み

   やがて、夏の花へと続いてゆく。

   本書は二分冊で構成された第一弾 [春夏偏] なのである。

   じっくりと拝見した。

   そして「ヘェーそうなの」と教えられるところもあった。


   
画像



   42ページのハシリドコロを読んでいた時のことである。

   毒草であるハシリドコロをフキノトウと間違えて食中毒を起こした例に触れ

   なぜ間違えるのか不思議だったと。

   そうそう全く同感と思いながら読み進んでいると

   

   ところが、ある時、雪の下から押しつぶされたような形で顔を出している新芽を見て驚いた。

   黄色くて、柔らかそうで、フキノトウそっくりだったのである。



   と、書いていたのである。

   ヘェー、そうなの、と、まさに目から鱗だったのである。

   どんなに植物と長く付き合っていても、自分の知らないことはたくさんあると

   あらためて思った次第である。


   
画像



   大胆でスッキリとしたデザイン。

   読みやすい文字の並び。

   この本の編集は川畑博高氏である。

   かつて山と渓谷社に勤務し、社でいくつものベストセラーの本を作った優秀な編集者である。

   木原氏も彼も私も同年という親近感もあり、喧々諤々の議論を交わしながら

   何冊もの本を作った仲である。

   当然のことながらよく飲みにも行った。

   川畑氏はフリーとなった今も、こだわりを持って木原氏の本の編集を手伝っている。

   できるべくして、良い本はできたのである。


   
画像



   それにしても、上手いなぁ、と思う。

   何度か見ている写真でも、こうして新しく見せられると

   思わず呻ってしまう。

   さりげなく、しかも品のある写真。

   木原氏は冨成忠夫氏の弟子だが、すでに師匠の域を越えた写真家に成長していると思う。

   この本の中でもたびたび師匠のことに触れているが

   画家でもあった冨成氏が亡くなったのは73歳。

   我々もすでにその年齢に近づきつつある。


   
画像



   上の画像は80ページのハルジオンである。

   ここで彼はこうつぶやく。


   この写真は、なんてことのない写真に見えると思う。実際、なんてこともない写真である。

    見慣れたものは実は見えにくい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中 略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・

    しかし、見る人にとっては 「なんでもない写真」 であることには間違いない。それはそれで

   いいのである。
 


   写真家としての思いが如実に語られている1ページである。


   
画像



   最後に私も登場している1ページを紹介しよう。

   155ページのベニシオガマである。

   ここで語られているN氏とは私のことである。

   何が書かれているかは、読んでからのお楽しみである。






   本が届いてからは、一気に貪るように読み進んだ。

   読み終えたのは深夜もだいぶ過ぎた時間となった。

   ああ楽しい思いをさせてもらった。読後の私の偽らざる感想である。

   まだ第一弾の春夏編が発売になったばかりだと言うのに

   もう今夏に発売予定だという秋冬編が待ち遠しい。







   『 野の花づくし 』春・夏編 データ

   著者     木原 浩 (文・写真)
   総ページ数 192ページ
   判型     菊倍変型判 (縦 25.5センチ、横 21センチ)
   出版社    平凡社
   値段     3000円+税




   より多くの花好きの人達に読んで欲しくて、紹介した次第である。

   今年の春も、皆さんが素晴らしい花たちと出会えますように。

   
画像
カテゴリー 旅行、アウトドア
ラベル 植物
コメント 17