画像



   例年より暖かい日が続くとは言え、季節の歩みは着実に冬に向かっている。

   巡りくる季節の度に、どうしても見たくなる花がある。

   画像も有り余るほどあっても、何故か見たくなる植物はあるものである。

   そんな訳で10月最後の日に、いつもの蛇紋岩地を訪れた。

   年に何回も訪れる愛知県新城市の中宇利の蛇紋岩地である。

   目的は巻頭に掲げたムラサキセンブリである。


   
画像



   年による増減はあっても、今の季節ならば間違いなく多数の花が見られる。

   他の植物が枯れ急ぐ中で、まるで嬉々として咲いているかに見える。

   ここの蛇紋岩地は国の天然記念物にもなっていて、かなり特殊な植物が多い。

   はじめてこの地を訪ねたのは、もう20年以上も前のことだが

   生えている植物が、高知県の蛇紋岩地の植物とかなり共通していて驚いた。

   ヤナギノギクなどは、ここと高知県だけに生える共通種である。


   画像画像






















   蛇紋岩地と言うのは極めて特異な植生でできている。

   植物の生育を阻害するマグネシウムイオンなどを多く含む岩石だからである。

   愛知県の三河地方が主な生育地のミカワマツムシソウなども

   ここでは普通に見ることができる。

   上に画像を2枚並べたが、花の周りに舌状花が並ぶマツムシソウに良く似た花でも

   大きさが普通のマツムシソウよりかなり小さいのである。

   上の右の画像のように舌状花を欠くものが普通で、これがマツムシソウと言われても

   はじめて見た人は戸惑うだけである。


   
画像



   ここにはリンドウも多い。

   今の季節はムラサキセンブリとリンドウが目的でここに来ることが多い。

   10月31日、この日スマホに記録した花は、車を停めた山裾ではジュウガツザクラが花盛りだった。

   やや湿り気のある山裾ではキセルアザミ、タムラソウ、ノコンギク、アキノキリンソウ、アキノタムラソウ

   などが咲いていた。

   蛇紋岩地ではムラサキセンブリが花盛り。ミカワマツムシソウやヤナギノギクの残花。

   サルトリイバラの実が赤く熟した草地では、リンドウが花盛り。

   蛇紋岩がゴロゴロと広がる礫地ではヤマラッキョウが咲きだしはじめていた。

   ツリガネニンジンが咲き残っていたりもする。

   そんな草原でたっぷりと遊んだ後は、きょうの目的の二つ目、街道沿いにある無人の売店で

   名産の次郎柿を買うことである。

   少し傷があったり、粒がそろわなかったした柿が、一盛り200円で売られている。

   だいたい6個くらいが一盛りである。今もその柿を頬張りながらパソコンのキーを叩いている。


   11月3日 遠出をしなくても、時間さえあれば近場の散策は常のことだが、デジカメはなくても

   スマホは常に手元にあるので、何かにつけてパチパチと撮る。


   画像画像






















   今の季節は日暮れが早くなる。

   夕焼けも美しい季節となる。

   傾きかけた夕日に、セイヨウタンポポが輝いている。

   子供みたいに、フッと息を吹きかけてみたりする。

   一度刈り取られたセイタカアワダチソウが丈低く咲いている。キンエノコロがほんの一刻だけ輝きを増す。


   
画像



   そんな情景もパチパチと記録する。

   ともかく心に響くものがあれば、植物に限らず、何でもパチパチとやる。

   みかんのスマホは、スマホ本来の役目より圧倒的にカメラとしての機能が高いのである。

   何より楽しい玩具なのである。


   11月7日 だから被写体となるのは植物が多いけれど、野草ばかりとは限らない。

   庭の花も撮れば、植物園の花も撮る。園芸種だって大好き。

   こんな大きなコスモス畑に出会えば、車を停めてでも撮影する。


   
画像



   クリックして見てね。

   ねっスゴイでしょ。

   ほんの一週間ほど前までは、チラホラと咲いていただけだったのに。

   このコスモス畑は人に見せるためのものなのか

   田んぼの肥料とするためのものなのか、不明だけど。

   買い物を済ませて出てくると、青空も出てきたので再度撮影しました。

   もちろんスマホでだけど。


   
画像



   画像の真ん中あたりに写っている白い車が、最近買い替えた我が家の新車です。

   と言ってもみかんは運転免許を持っていないので、いつも助手席。

   急に 「そこで停めて」 なんて叫ぶものだから、いつもぶつくさと文句を言われてます。あはは

   11月12日 きょうは朝早くに出発して、同じ愛知県内なのだけど、岐阜県との県境付近に遠出。

   まだ少し季節的には早いのだけど、冬に咲く桜と紅葉とのコラボが見られる四季桜の里に。


   
画像



   今頃が花盛りのはずである。

   随分前になるが一度当ブログで取り上げているので参考までに。

   https://higesan.seesaa.net/article/201112article_2.html

   本当の目的は桜見物でも紅葉見物でもなく、スズカアザミの総苞の撮影が目的だった。

   でも、楽しみは多い方が良いから、つい桜や紅葉の撮影にも夢中になる。

   そんな訳で、まだ紅葉には早いと言いながらも、なるべく赤く染まった紅葉を探す。

   露出をほんの少しアンダー気味に写すと、紅葉は見た目よりも赤く写る。


   
画像



   山里は柿の実がたわわに実り、アキグミも真っ赤に色づいていた。

   最近の子供たちは、このグミが食べられることなど、多分知らないだろう。

   私が子供の頃は何よりのオヤツで、まだ完全に熟さないうちから口の中に放り込み

   その渋さにペッペッと唾を吐きだしたこともある。

   きょう、ほんのひとつまみを口に入れてみたが、昔と変わらぬ味がした。


   画像画像






















   山の斜面に向かってスズカアザミの花を探しにゆく。

   最近は四季桜の開花に合わせてか、地区総出で草刈りをするらしく、道路際も田の縁も

   みな綺麗に草刈りされていて、どこにでも咲いていたスズカアザミが見当たらないのである。

   山寄りに向かうと、ついつい黄葉にカメラを向けてしまう。

   シロモジが綺麗に黄葉し、赤いオトコヨウゾメの葉との調和が素晴らしい。


   
画像



   ここでは赤く紅葉する葉よりも、黄色く色づく木が多かった。

   まだ葉に緑色を残しているのはコアジサイ。ヒメクロモジは葉の先端や冬芽の先がとがるので、

   よく似たクロモジと区別することができる。

   赤くて丸いサルトリイバラの実や、葉に隠れるようなヤブコウジの赤い実も、冬が近いことを告げている。


   画像画像






















   やはり山里はいいなぁ、とつくづく思う。

   自然の中にいると、なんでこんなにも心穏やかにいられるのか、不思議でもある。

   スマホとデジカメだけを持って、あっちをウロウロ、こっちをウロウロ

   決して遊んでばかりいるわけではなく、しっかりと仕事もしているのです。

   最後に本業用のデジカメで撮影したこの日の1枚をお目にかけよう。

   みかんの飯のタネでもあるので、くれぐれも無断使用はしないように。

   題して『風光る』

   ススキ草原での1枚です。


   
画像




















   画像はクリックすると2段階に大きくなります。大きな画面で臨場感をお楽しみください。

   最後の画像をのぞき、撮影はすべてスマホのカメラです。

   撮影地はすべて愛知県内です。新城市、半田市、西尾市、豊田市などで撮っています。

   撮影月日はブログ内に書いてあります。

   感想など聞かせていただけると嬉しいです。
カテゴリー 旅行、アウトドア
ラベル 風景植物
コメント 12