季節は、はや10月

   10月の異名は神無月とも神去月とも、出雲大社のある島根県だけが神有月と呼ぶとか。

   他にも吉月や陽月、時雨月などの季節感がある呼び名もある。

   今年の秋の紅葉は、どこも今ひとつの感があるが、せめて1度くらいは

   見事な紅葉に遭遇したいものだ、と思っている。

   前回のつづきを急ぎ足で。




   2018年8月24日 湿原めぐり


   親海湿原(およみしつげん)


   
画像

                                 ミソハギ


   湿原ではミソハギが花盛りだった。今の季節は花の種類は多くないが、古い湿地なので
   アギナシを確認したくてやってきた。


   
画像

                                サワギキョウ


   木道が終わって、山道に入るあたりにはサワギキョウが咲きはじめていた。


   
画像

                                オタカラコウ


   姫川源流のバイカモは、花はもう終盤に近かった。だが水辺にはオタカラコウが花盛りだった。


   
画像

                               居谷里湿原の木立


   親海湿原を後に、久しぶりに居谷里湿原(いやりしつげん)を訪ねてみた。
   かつての花の湿原の面影はなく、遷移が進んで花の少ない湿原へと変貌していた。
   この湿原を訪ねるならやはり春先のミズバシヨウやザゼンソウの頃だろうか。
   ひととき雨に降られたが、すぐに陽射しは戻って緑の葉が清々しかった。




   2018年8月26日 八方尾根


             画像