画像



   夏の高原ではおなじみの花である。

   ダイナミックに咲き、おまけに個体数も多いので

   スキー場の斜面などでは群生していることも珍しくない。

   画像の場所も信州のあるスキー場の一角である。

   信州では若葉の頃に山菜としてよく食されている。

   葉の葉柄の部分を食べるのである。

   だから山菜としての呼び名、ウルイという名前の方が通りがいい。


   
画像



   花の色は淡紫色。

   遠くから眺めていると、ほぼ白く見えるほど淡い。

   花やつぼみも食用になる。

   とりわけ酢の物として利用すると、花の色はより紫色が強くなる。

   花が咲いているのはたった1日だけ。

   短命だが、次から次へと咲いてゆくので花期は長いが

   ひとつの花の命は、たった1日だけなのである。

   そう思ってこの花を眺めると

   また違った見方ができるかも知れない。








   撮影は2017年8月12日 長野県菅平のスキー場で。

   最初の画像はデジカメで。クリックして大きな画像でもお楽しみください。

   花のアップはスマホでの撮影です。こちらもクリックすると大きくなります。
カテゴリー 旅行、アウトドア
コメント 6