画像



   学名のヤポニクムが示すように

   日本を代表するユリのひとつである。

   本州の中部地方以西と、四国と九州に分布する。

   毎年のようにササユリの追っかけをしてきたが

   今年はもういいや、と考えていたのだが

   ササユリが咲きだした、と聞くと

   1回くらいは見に行こう、という気になった。


   画像画像





















   まだ固いつぼみも多かったが

   思いのほかたくさんの花が咲いていて

   もう散りかけているものもあった。

   例年と比べると、やはり花期は1週間ほど早いようである。


   
画像



   毎年、毎年、何度もササユリの追っかけをしていると

   だんだんと贅沢になり

   なまじの花には感動しなくなる。

   今日咲いたばかりの新鮮な花

   それも葯がひらいて、花粉がこんもりと丸く

   まだ風に吹かれず、花弁に花粉が付着していない新鮮なもの

   そんな花を求めて

   いくつもの花を見てまわる。

   そして今日のスーパースターは下の画像のユリだった。


   
画像



   百輪近くのユリの花を、次から次へと見てまわり

   たどり着いた究極のユリの花である。

   ただ生えていた場所が急な斜面で

   かろうじて近づけた株だっただけに

   自由なアングルを選ぶことができなかったことが残念である。

   でも、新鮮さは充分に感じていただけることと思う。


   
画像



   きょうは2ヶ所の自生地を見てまわったが

   最初の自生地でのお気に入りは

   上の画像のユリだった。

   これが今日咲いたばかりの新鮮なユリの花である。

   この株を見つけて、きょうのスーパーモデルはこの株、と思っていたのだが

   上には上がいるものである。


   
画像





   上の画像は、きょう訪れた2ヶ所目

   愛知県の乳岩峡というところである。

   水量は多くはないが、透明度の高い冷たい水が流れている。

   目的のメインはササユリであるが

   ササユリばかりを見ているわけではない。

   咲きはじめたスイカズラ(下の左画像)や、コアジサイ(下の右画像)の小さな花の塊りなどを楽しんだ。


   画像画像




















   お昼は川の下流で食べたが

   渓流植物の代表、サツキがまだ真っ赤な花を咲かせていた。

   岩の割れ目のわずかな隙間に

   根を深く食い込ませて、多少の増水では流されない強さがある。

   一時と比べると、ここのサツキは少し減ったかな

   と感じられた。


   
画像



   画像画像




















   山道を歩いていて、オヤッと思う花があった。

   ツルアリドオシなのだが

   普通は左画像のような白い花が咲くのだが

   右画像のような淡紅色のものがあったのである。

   これからが花の季節だが、赤い果実も同時に見られる山地の植物である。

   白い花は結構どこでも見られるが

   淡紅色の花は初めて見た。


   画像画像




















   今の季節、花の種類はそれほど多くはないが

   歩けば、いろいろな花に気が付く

   やや小型だが、シライトソウが群生している場所があった。

   ほんの狭い一角ではあるが

   たくさんの花が咲いていた。

   クリックして大きな画面でどうぞ。


   
画像



   そんなこんなで、きょうも楽しい1日だった。

   最後に気をつけていても、そこに花があることを確信して見ないと気がつかない

   小さな野生蘭、ヨウラクランを紹介しよう。

   この状態が花盛りの姿である。

   1輪1輪の花は、ルーペで見ないとわからないほど極めて小さい。


   
画像










   撮影は2015年5月30日 愛知県内の各地で

   画像はクリックすると大きくなります。大きな画面でもどうぞ。

   毎度のことですが、初めての方のコメントは大歓迎です。

   気楽な気持ちで感想など聞かせてください。

   画像はすべて携帯電話に付いているカメラでの撮影です。
カテゴリー 旅行、アウトドア
ラベル 植物自然
コメント 14