画像





   久しぶりに訪れた故郷は

   里ではソメイヨシノが満開だった。

   遠くの三国連峰はまだべったりとした白い残雪

   山はまだ早春だった。

   芽吹きと呼ぶには、抵抗があるような

   ほんわかとした色

   だが、エネルギッシュな春への胎動は

   樹の体内では、ほとばしるような勢いではじまっている。

   ほんのりと紅いのはカツラの花か

   トチノキの太い芽が、ふつふつと煮えたぎるような勢いで

   伸びはじめている。




   
画像





   画像の桜はソメイヨシノではない

   私の大好きなオオヤマザクラである。

   わが故郷の山には、ヤマザクラよりも、むしろこのオオヤマザクラが多い。

   標高が高いせいもあるだろうが

   新潟との県境に近いせいもあるかも知れない。

   北海道や東北にはヤマザクラがなく、山を染める桜はほとんどがオオヤマザクラである。

   オオヤマザクラは北海道に多いのでエゾヤマザクラとも呼ばれる。

   また、花の色が濃いのでベニヤマザクラという別名もある。

   雪国の桜と呼ぶとぴったりする。

   この地で高校生までを過ごしたせいか

   桜というと、私はオオヤマザクラをイメージするのである。

   今回の故郷探訪ではじめて知ったが、村の木がオオヤマザクラなんだそうである。

   町村合併によって、私が生まれ育った群馬県の新治村猿ヶ京は

   今では群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉と地名が変わった。

   実家は小さな温泉宿である。







   撮影は2点とも2014年4月26日 群馬県のわが故郷での撮影である。

   クリックして大きな画面で楽しんでください。
カテゴリー 旅行、アウトドア
コメント 16