画像





   本格的な春がやって来る前に、カメラやレンズになれるために

   何度も何度も練習をする。

   カメラの出番がほとんどない冬の間に

   すっかり鈍ってしまった勘を取り戻すためである。

   そんな時に格好の被写体となるのがツクシである。



   つんつんと伸びだしてきたツクシによって

   春を実感する人も多い。

   私の場合は、カメラの勘を取り戻すための被写体になってもらうことが多い。

   天気が良ければカメラを持って、毎日のように近くの水田の土手を散歩する。

   三脚を使って撮影するのが普通だが

   上の画像の場合は、珍しく手持ちで撮影している。

   田んぼの土手に腹ばって、そろそろ春めいてきた感じを出すために

   どうしても後方の水溜りのキラキラ感が欲しかったのである。

   まだ伸びはじめたばかりのツクシは背丈が低く

   ローアングルがとれる三脚を使っても、後方の水溜りを入れることが出来なかった。

   そこで仕方なく、腹ばって手持ちで、カメラは地面すれすれに、ということになったのである。



   手持ち撮影というのは、どんなに気を使っても画面全体への気配りが散漫になる。

   この時は、画面の完璧さを狙うより

   水温む季節感を第一に考えて、こんなアングルとなった。

   練習のうちの1枚である。






   撮影は2012年3月14日  愛知県半田市の自宅近くの水田で

   デジカメで撮影しています。

   大きな画面でもご覧ください。
カテゴリー 旅行、アウトドア
コメント 25